神葬祭形式での茨城の葬儀

subpage01

葬儀は地域によっては全国一般のものとは異なる特徴を持っていることがありますが、茨城県内で行われている神葬祭形式の葬儀なども事例として挙げられるものです。

茨城で葬儀を知るならこのサイトです。

神葬祭というのはありがちな仏教ではなく、神道の教えや作法にもとづいた葬儀のことを指しています。



茨城県内でも石岡や水戸の付近など一部の地域に多いようですが、基本的には仏教色を極力排除しているため、参列者による焼香は行われませんし、菩提寺からの僧侶が導師として招かれることもありません。そのかわりに産土の神社などから神職が呼ばれて祭詞を霊前で読み上げるとともに、参列者が玉串を捧げることがあります。


祭壇は仏教形式と同様につくられ、中央に遺影が置かれ、各種の供物や花で飾られるのは同様ですが、基本的には白木を基調とするシンプルなデザインになっているところが印象的です。それ以外のマナーでは、参列者は黒のスーツ、ワンピースを着用するなどはほぼ一般的な葬儀と同様ではあるものの、仏教に特有の数珠は持たないところは違いといえます。



このような形式は茨城県内のほかではあまり例がありませんので、通知を受けて参列した場合でも、当日に作法がわからずとまどってしまうことが考えられます。


インターネットなどでひととおりの基礎知識は得ておいたほうがよいですが、神道とはいっても参列者の作法のほうにはそれほど大きな違いはありませんので、あとは当日の他の参列者にならっておくのが確実です。

葬儀関係の真実

subpage02

人生最後のセレモニーとして、葬式をあげることは至って普通ですが、現在では日本人のライフスタイルも多様化しつつあり、従来通りの宗教形式での葬式をお子な人はもちろんのこと、残された人に手間を掛けないために密葬や個人葬などを行い、しめやかに最期の儀式を行う人もすくなくありません。どのようなスタイルで葬式をするかはその人の自由ですから、福島で葬儀業者の選定を考える際には、なるべく遺族目線に立ってくれる業者を選択して、そこにお葬式の全てを任せていくことが大事です。...

NEXT

葬儀の秘訣

subpage03

終焉の日は平等に誰でも訪れます。その時を迎える際に必要になるのが、お別れの儀式であるお葬式でしょう。...

NEXT

葬儀のテクニック

subpage04

日本の高齢化はどんどん進行しており、長生きする方がかなり多くなっています。ただ、長生きする方が多くなっているということは、違った視点から見ると、今後亡くなってしまう方が増加することが考えられます。...

NEXT

葬儀の専門知識

subpage04

福島県では、通夜の翌朝に火葬をした後に葬儀を行う「前火葬」と、通夜・葬儀を終えた後に火葬を行う「後火葬」の地域が2分されています。江戸時代には福島県は10以上の国(藩)に分かれていて、幕府の直轄地域となっていた地域もありました。...

NEXT