フリーランスで働くメリットとデメリットは?

フリーランスとは、特定の企業や会社、組織や団体に属さず自分の才能や技術を依頼してきた企業に提供する事で仕事をしている人の事です。

カテゴリー的には個人事業主、自営業、自由業となります。
稼ぐ人であればサラリーマンの数倍稼ぎますが、稼げない人は仕事依頼が来ない為ぜんぜん稼げません。
実力が物を言う職業です。

 フリーランスで働くメリットは、まず時間を自由に使う事ができるという点です。
働く時間や曜日、休日等も全て自分で管理する事が出来るのでスケジュールが立てやすいです。また会社や企業に属していないので、上司もいませんし嫌な仕事もやる必要はありません。

さらに頑張れば頑張った分収入が上がるというのも大きなメリットです。
サラリーマンだと基本的に給料は定額ですが、フリーランスであればやればやるほど収入は上がるのでやりがいはあります。他にも、転勤やリストラの心配がないと言う点があります。
会社にも勤めていないので、行きたくもない所への転勤や、いきなりクビといわれリストラにあう心配もありません。

 一方、フリーランスで働く事でのデメリットもあります。まず、全て自分で物事を判断しなければならないので、仮に間違った方向に進んでいたとしても気づかない場合があります。
また収入が安定しないという点もあります。特に病気になってしまうと、サラリーマンみたいに有給休暇がある訳でもないので、その間の収入はゼロになってしまいます。

他にも所得税に関して確定申告を全て自分でしなければならない為面倒くさいというのもデメリットとして挙げられます。さらにクレジットカードの審査が通りづらいという点もあります。
フリーランスで働いていると、サラリーマンに比べて社会的信用度は低い為、ローンを組もうと思っても審査が通らず困ってしまう場合があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です